2020
09.16

のぼり旗を設置している飲食店がありますが、実は集客数に大きな差があることはご存知ですか?

《のぼりを利用した集客例》https://kasukabe.keizai.biz/headline/296/

手軽に集客できると言われているのぼりですが、置き方次第ではまったく効果がなくなってしまうのです。

お客様の目を惹く効果的なのぼり旗の置き方をご紹介します。

★近すぎず離れすぎない距離感

複数ののぼり旗を設置する上で適切な距離は1m80cmと言われています。

なぜ、1m80cmなのかと言うと、この距離感で置くことで歩行者もドライバーも内容を確認しやすい間隔となっているからです。

片方だけに認識して貰えるのぼり旗を立てるよりは、いろんな人に見てもらいたいですよね。

敷地に余裕のある方は1m80cmの間隔で設置してみてください。

★まとまりのないのぼり旗は置いても無駄

複数ののぼり旗を設置するならデザインも考えなければいけません。

お客様の目に留まらないデザインは以下の3つになります。

・デザインに統一性がない、色がバラバラ

・飲食店とのまとまりがない。

・全て同じデザインと内容

デザインに統一感がなかったり飲食店とのまとまりがなかったりすると、悪い意味で目立ってしまいます。

デザインを同じにしたり、似た色を使ったりすることでまとまりが出てお客様の目を惹きます。

また、複数ののぼり旗を立てているのにまったく同じデザインと内容を並べてしまっては意味がありません。

せめて2種類以上のデザインを設置するようにしましょう。

★効果的な置き方をして集客数アップを目指そう!

のぼり旗の置き方にもセンスが問われます。

デザインを見直しても置き方によってはまったく意味がなくなってしまうのです。

近くにのぼり旗を置いている飲食店があるのなら参考にしてみても良いでしょう。

効果的な置き方をして集客数アップを目指してくださいね。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.