2020
08.27

飲食店を経営していると食べ物に関するイベントへ出店する機会もあると思います。

そんな時、あなたならのぼりは立てますか?

「集客できそう」というイメージがあるのぼりですが、その分費用がかかったり置き場所を設けなかったりしなければいけません。

飲食系のイベントにおいてのぼりを立てた際のメリットとデメリットをご紹介します。

★飲食イベントでのぼりを立てるデメリット

まずは飲食イベントでのぼりを立てた際のデメリットをご紹介します。

デメリットは以下の2つです。

・風が強い日に出すとすぐに倒れる。

・のぼりを作る費用がかかる。

のぼりは非常に軽く、そよ風程度で揺れてしまいます。

強い風が吹いてしまったらすぐに倒れてしまうでしょう。

倒れた際は再び立て直さなければならなかったり場合によってはしまったりしなければいけません。

また、業界最安値と謳っているサイトでのぼりを作っても1本税抜き990円してしまいます。

何本立てるかによって出費は異なりますが、安くはないでしょう。

★飲食イベントのぼりを立てるメリット

次は飲食イベントでのぼりを立てた際のメリットを紹介します。

メリットは以下の3つです。

・お客様の目を惹く。

・どんな料理を出しているのか知らせることができる。

・手軽に用意できる。

わざわざメニューを見せなくてものぼりを見ただけでどんな料理を出しているのか知らせることができるのは魅力的です。

また、色によってはお客様の目を惹くこともできます。

自分でデザインしなくても業者に頼めば素敵なのぼりを用意してくれるのも魅力的です。

★飲食イベントではのぼりを立てた方が良い

飲食イベントではのぼりを立てた方がお客様の目を惹き集客数は見込めると思われます。

予算的に余裕があるのであれば、設置を検討した方が良いでしょう。

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.